髄膜炎(脳膜炎)

 青壮年者では高熱、意識障害、激しい頭痛などの劇的な症状を示すのが普通ですが、高齢者では症状が目立たないのが特徴です。とりわけ慢性髄膜炎では症状が少なく、軽度の頭痛、見当識障害、意欲減退、物事に対する興味の減少、意識障害、痴呆化などで、髄膜炎を疑わせる症状に乏しいもので、老年痴呆、硬膜下血腫などに類した症状でこの病気の診断は困難です。

 脳の表面をおおっている髄膜(脳膜)が、細菌やウイルスその他の感染で炎症を起こす病気で、病原にとって細菌性髄膜炎、ウイルス性髄膜炎に大別されます。診断は脳脊髄液を検査して決定されます。

 ふつうは、発熱、頭痛、吐き気、遅脈、意識障害(意識がぼんやりする、昏睡、意識不明、錯乱など)、うなじの強直(首筋が板のようにかたくなり、曲がらない)というような髄膜の刺激障害を起こします。

スポンサードリンク

 細菌性髄膜炎
 細菌が原因でおこるものですが、細菌の種類によって化膿性髄膜炎と結核性髄膜炎とに分けられます。

 可能性髄膜炎
 れんさ球菌、ブドウ球菌、肺炎双球菌などの化膿菌が、頭部の外傷や、中耳炎、顔の丹毒、副鼻腔炎のような脳の近くの化膿している患部から侵入して髄膜をおかすものです。

 しかし膿胸、心内膜炎、敗血症などの化膿菌が血液に運ばれてくることもあるので、脳から離れている病変でも油断はできません。治療には、抗生物質の大量投与を行いますが、その菌の耐性などによって効果はかなり違います。

 結核性髄膜炎
 結核菌が主として脳の底面の髄膜をおかし、やがて脳そのものにも波及するものです。幼少児に多く、肺結核や身体各部の結核から続発します。

 発病は目立たず、ゆっくりと起こり、食欲不振、子供は不機嫌、元気がなくなるなどの症状が、まずあらわれます。次いで発熱がありますが高熱ではありません。しだいに頭痛、吐き気、けいれんなど、髄膜刺激症状がはっきりしてきます。顔面神経まひや眼瞼下垂などの脳神経まひの症状もあらわれ、幼児の場合は数週間で不幸な結果を招くこともあります。

 ウイルス性髄膜炎
 ポリオ、インフルエンザ、ヘルペス、おたふくかぜ、はしかなどから起こります。また、不明のウイルスが原因となるものもあります。はじめは、かぜのような症状を見せ、ついで発熱、髄膜刺激症状をあらわします。幼児の場合は、ことに危険なことが少なくありません。

スポンサードリンク