腸閉塞

 腸の内容物は下方に通過していくものですが、この通過がなにかの原因によって停止した状態を腸閉塞といいます。腸捻転という言葉がよく使われますが、この言葉は俗称で、医学的には使われていません。

 腸閉塞が起こると腹痛が起こるだけでなく、ものが食べられず、嘔吐を繰り返します。これだけでも全身に影響があるうえに、腸閉塞毒という毒物が発生して全身に中毒作用を起こすといわれています。

 このような腸閉塞は腸だけでなく、全身をおかすもので、放置すると、生命が危険になる恐ろしい病気です。

スポンサードリンク

 腸閉塞の分類
 腸閉塞を原因によって分類すると、機械的腸閉塞と機能的腸閉塞の二つに大きく分けられます。

 機械的腸閉塞
 機械的腸閉塞は、さらに単純性腸閉塞と絞扼性腸閉塞とに分けられます。単純性腸閉塞は症状も緩やかにあらわれて、病気の程度の軽いものです。

 原因としては、飲み込んだ異物や、回虫のかたまり、あるいは腸の内面にできたがんなどが腸の内腔をふさいでしまった場合や、腸のまわりにできたがんによって、外側から腸が圧迫されたり、手術後などで腸の外面が他の腸や腹膜と癒着し、腸が圧迫されたり、引っ張られたりして腸内腔が詰まった場合に起こります。

 これに対し絞扼性腸閉塞では、腸ばかりでなく腸間膜までが病変に巻き込まれ、腸の内腔が詰まるばかりでなく、腸間膜の中を走る血管が閉塞すると、腸へ流れる血液が途絶え、そのため腸は壊死におちいり穿孔して危険な状態が起こります。

 症状もきわめて急激で、一刻を争う重要な病気になります。

 機能的腸閉塞
 機能的腸閉塞には開腹手術のあとや腹膜炎のときに生ずる腸のまひで起こるまひ性腸閉塞と、鉛中毒やヒステリーなどのときに起こるけいれん性腸閉塞があります。

スポンサードリンク

 症状
 腸閉塞の症状は、その原因により、また閉塞の程度や部位によっていろいろ違いますが、おもな症状は、はげしい腹痛と嘔吐で、時間とともにひどくなります。

 嘔吐するものは最初のうちは食べた物ですが、しまいには、ふん便くさいものになってきます。腹部が膨満し、ガスや大便の排出が停止するとともに、内容物を無理に流そうとして強い腸ぜん運動不安があらわれます。全身の状態もしだいに悪くなっていきます。

 特に絞扼性腸閉塞では、このような症状が急激に進み、早くからショック症状をあらわします。すなわち顔は苦悶状にゆがみ、くちびるは紫色となり、脈は速く、しかも弱く、呼吸も浅くて手足は冷たくなり冷や汗を流すようになります。

 腸閉塞かどうかは専門医が決めることですが、いずれにしてもこの病気が少しでも疑われる場合は、まず水分も食事も与えないこと、いたずらに家庭医薬を使わないこと、一刻も早く医師の診断を受けることが、何よりも大切です。

 素人療法による時間の浪費は厳に慎んでください。診断上最も参考になるのは腹部のX線検査で、このほか血液や尿の検査も行います。