尿路感染症

 尿路感染症というのは、尿の通路の炎症をまとめて総称したことばで、膀胱炎、尿道炎などがこれにあたります。これらの病気は、相互に密接に関係しあっていることが多いのです。

 症状
 膀胱炎や尿道炎では、排尿回数が多くなります。排尿する際に疼痛があり、尿も汚く濁ってきますが、熱が出ることはありません。しかし、時には尿中に血が出て、真っ赤な尿になることがあります(出血性膀胱炎)。

 発熱があったり、吐き気、嘔吐があったりしたら、炎症が腎盂に及んだと考える必要があります。この時には、熱が1日のうちに平熱から39~40℃ぐらいに上がり、翌日にはまた平熱になり、夕方からまた高熱になるときには、ぶるぶると震えて寒がります。

スポンサードリンク

 感染と種類
 膀胱炎や腎盂炎がどうして起こるのか、現在ではまだ不明のことが少なくありません。

 上行性感染
 外陰部の細菌が尿道を伝わって膀胱に入り、ひいては腎盂にまで到達する感染(上行性感染という)は、年長児ではあまりないといわれています。

 尿道には、常にいろいろな菌(常在菌)が生存していますが、ふだんは炎症を起こす原因にはなりません。ところが医師がゴム管(カテーテル)を尿道に入れ、膀胱から直接尿を取ろうとしたりすると、この常在菌が膀胱に入り、炎症を起こしてしまうことがあります。

 尿道の粘膜に小さな傷があると、ここから菌がリンパ管を通って、膀胱や腎盂の粘膜に到達して炎症を起こすともいわれています。

 リンパ行性感染
 また大便を貯蔵する直腸と、膀胱や尿道はたがいに隣接しあっているため、腸管内の大腸菌がリンパ管を通って尿路に入るとも言われており、これをリンパ行性感染といいます。

 器質的原因
 腎臓でつくられた尿が尿管を通って膀胱に行く間に狭い個所があり、尿の通りを悪くしていると、腎盂腎炎を繰り返して起こします。

 あるいは膀胱から尿道へ移行する部分(膀胱頸部)の異常、尿道狭窄、尿道憩室(尿道に小さな袋状のものが開いている奇形)真性包茎などが原因となり、がんこな尿路感染を起こしていることもあります。

 繰り返し高熱発作があり、尿が異常な場合に、腎盂腎炎と診断されるのですが、小児科でそう診断された症例に対して、泌尿器科的な専門検査をすると、少なくとも半分の症例に、尿路系の異常(尿の通過障害)や奇形を認めることができます。

スポンサードリンク