急性腹膜炎

 化膿菌や大腸菌、その他毒力の強い細菌によっても起こり、急激な経過を取る腹膜炎です。

 腹腔の中にうみがたまりますが、腹腔全体にたまる場合と、腹腔の中にある部分にたまるたまる場合とがあります。

 腹腔の中にうみがたまると、うみの中の毒素が吸収され、この毒素により全身に悪い影響があらわれます。すなわち体温が上昇し、脈拍が速く、かつ弱く、呼吸が浅くしかも速くなったりするのはこのためです。

 もしも治療をしないでそのままにしておくと、全身が衰弱し、ついには不幸な結果を招きます。

 原因
 急性腹膜炎にはいろいろな原因があります。

 外傷で胃、腸、膀胱などに穴があいたり肝臓や脾臓が破裂した場合、虫垂炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、憩室炎、限局性腸炎、潰瘍性大腸炎などでそれぞれの臓器が穿孔した場合、あるいは胆嚢炎、急性膵臓壊死、淋菌性卵管炎、感染性流産などによる場合など、腹腔の中のあらゆる臓器の病気が進行すると、いずれは急性腹膜炎があらわれます。
 
 このうち最も多いのは虫垂炎によって起こる腹膜炎です。

スポンサードリンク

 症状
 虫垂炎で虫垂が破れると、とたんに今までの痛みよりははるかに強い痛みが起こり、ひどいときには七転八倒するほどになります。

 高い熱が出て、嘔吐が続き、ガスが出なくなって、腹はかちかちにかたくなり、どこを押しても痛くなります。また顔は苦悶状にゆがみ、皮膚はかさかさになり、脈は速く、弱く、呼吸も浅く数が多くなります。

 ひどいときにはショック状態となり、意識はもうろうとしてきます。胃潰瘍や十二指腸潰瘍が破れたときも同様の症状があらわれます。いずれにしても、全身状態が悪くなり、一見して危険な病気になったことがわかります。