溶血性貧血・続発性貧血

貧血出血性貧血鉄欠乏性貧血悪性貧血再生不良性貧血

 溶血性貧血
 赤血球の寿命は約120日で、赤血球がこわれると、赤血球内のヘモグロビン(血色素)は赤血球から外へ出てしまいます。この赤血球から外に出たヘモグロビンからビリルビンができます。

 もし赤血球の寿命が短くなると、こわれる赤血球は増し、ヘモグロビンからできるビリルビンの量も多くなって黄だんが起こりますが、これを溶血性黄だんといいます。

 もちろん貧血が起こりますが、溶血亢進によるものですから、溶血性貧血ともよばれます。

 溶血亢進の原因は赤血球自体にあるときと、赤血球外にある場合があり、赤血球自体に原因があるものには遺伝性球状赤血球症、先天性非球状赤血球性溶血性貧血、異常血色素症、発作性夜間血色素尿症などがあり、多くは先天性です。

 赤血球に原因があるものは、ほとんどが後天性で、自己免疫性溶血性貧血、新生児溶血性疾患、不適合輸血のほか化学物質や蛇毒などの毒物、感染症なども原因となります。

 治療法は原因によって異なりますから、必ず医師の精密検査を受けることが大切です。

スポンサードリンク

 続発性貧血
 消化器疾患、感染症、肝臓病、腎臓病、内分泌腺異常、妊娠、化学物質による中毒などいろいろな病気によって、骨髄の赤芽球、あるいは血液中の赤血球が障害を受け、貧血を起こした場合、その貧血を続発性貧血といいます。

 貧血が起こってくる原因は、いくつもの原因が絡み合っている場合が多く、治療法の選択もむずかしいことが少なくありません。

 貧血だけをなおしても、もとの病気を治さなければ健康状態は回復できません。