動脈瘤・腹部大動脈瘤・胸部大動脈瘤

 動脈瘤
 動脈の一部が、こぶのように異状に拡張した状態を動脈瘤といいます。動脈の壁の一部に弱いところができると、そこが内圧に抵抗できなくなり拡張してしまうもので、外傷に伴う動脈損傷によるものが多く、そのほか動脈硬化や梅毒感染、動脈壁の先天性異常なども原因となります。

 はじめは拍動性の腫瘤として、触れると分かる程度ですが、しだいに大きくなると神経を圧迫して神経痛を起こすようになり、さらに大きくなって破裂、出血などの危険も招きますから、早いうちに原則として切除手術、血管移植を行います。

 動脈瘤は、動脈のどの部分にも発生しますが、おもなものは腹部大動脈瘤、胸部大動脈瘤です。

 腹部大動脈瘤
 女性より男性にあらわれることが多く、年齢的には60歳以上に多くみられます。かなりの大きさ(握りこぶし大)になっても症状はほとんどあらわれず、わずかに鈍痛程度の腹痛、不定の胃腸症状、腰痛、下肢への牽引痛が感じられるくらいです。

 発見も偶然によることが多いのですが、無自覚、無症状のものでも急に破裂することはまれではないので、動脈硬化のある人は、ふだんから気をつけて確かめておくことが大切です。

 発見されたら、他の病気の合併など特殊な事情のない限りは手術して取り除きます。手術は比較的簡単です。

スポンサードリンク

 胸部大動脈瘤
 動脈硬化や梅毒が原因となるものが多く、女性より男性に、年齢的には50歳以上の人に多く起こります。小さいうちは症状もほとんどありませんが、しだいに大きくなると、気管支を圧迫するので、せきが出たり呼吸が苦しくなったりします。

 また、神経を圧迫して声がかれたり、食道を圧迫するために食物が飲み込みにくくなることもあります。さらに静脈血が心臓に帰るのを妨げ、そのため上半身がうっ血して顔や首がはれてきます。

 直径7~8㌢になると急激に破裂し、呼吸困難、血圧降下、ショック状態におちいり、1~2日のうちに不幸な結果を招くこともあり、多くは数週間以内に不幸な結果を招きます。

 胸部X線検査、大動脈造影検査などで診断し、著明な症状が出ないうちに手術することが必要です。手術は大変難しいのですが、術後は再発の恐れはありません。

スポンサードリンク