動脈硬化によって起こる病気と予防

 動脈硬化のために血液の流れがスムーズでなくなると、その動脈で養われている臓器では、酸素や栄養素が不足することになります。その臓器が生命の保持に重要であればあるほど、酸素や栄養分の不足が症状としてはっきり出てきます。

 動脈が少しずつせばまっていく場合は、生命はそれに対処する方法を持っていますが、血液などで急にせばまると、たいへん重い症状があらわれます。

 動脈硬化が問題となる臓器は、心臓、脳、腎臓、四肢などです。

 冠状動脈の硬化
 冠状動脈に硬化が起こると、狭心症や心筋梗塞を招きます。

 脳動脈の硬化
 脳動脈が硬化すると、脳動脈硬化症、脳出血、脳梗塞(脳軟化症)などが起こります。

 脳動脈の硬化は、軽症のうちは日常生活にさしつかえありません。しかし、過労やストレスなどが加わると、めまい、吐き気、頭の中の空虚感など、脳貧血の症状が出ます。さらに進むと精神機能の低下も招きます。

スポンサードリンク

 脳出血は、脳動脈硬化よりは高血圧の方に密接な関係があります。脳梗塞は、脳動脈の硬化が進んだ結果、血栓などで血管がふさがれた状態です。

 こうなると、その動脈から栄養を受けている脳の部分が破壊され、その部分の機能が脱落します。こちらの方は、高血圧よりも動脈硬化との関係が密接です。

 腎動脈の硬化
 腎動脈の硬化は少しずつ出てくるもので、硬化が進んでも、心臓や脳ほど急激で発作的な症状はあらわれません。しかし、これは高血圧や脳血管障害を起こす役割をすることもあります。

 委縮腎といって、硬化が進むと腎臓は小さくなって、重さもたいへん減少します。夜間の排尿回数が増える、血圧が高くなる、腎臓の機能が低下するなどが主な症状です。また、腎臓の機能が高度に失われると尿毒性が起こります。

 腹部大動脈の硬化
 腹部大動脈は動脈硬化が最も強くあらわれるところです。大動脈瘤もよくあらわれますが、破裂するまで自覚症状がないことが多いようです。

 食後、腹痛に苦しむのは、腸に分布している動脈の硬化で、消化活動に必要な血液が不足している場合にみられます。

 四肢動脈の硬化
 日本人では、下肢に問題になるほどの硬化があらわれることは少ないようです。とくに上肢はまれです。下肢動脈が閉塞するほどの病変では間欠性跛行性といって、ある距離を歩くとふくらはぎが痛くなり、休み休み歩かなければならなくなります。

 予防と治療
 動脈硬化は年齢とともに進行していき、それを止めることはできませんが、進行を遅らせることはできます。

 ある程度進行しないと、自覚症状があらわれないため、どうしても手遅れになりがちですが、出来れば自覚症状の出ないうちに対策を講じておくことが大切です。狭心症や心筋梗塞、脳卒中などの合併症の出ないように心がけましょう。

 血圧測定と検尿
 糖尿病や高血圧は動脈硬化を促します。定期的に血圧測定や検尿を行なって予防に心がけます。すでに糖尿病や高血圧のある場合は、じゅうぶんに治療することです。治療を中断すると、かえって脳血管障害を招きやすいといわれています。

スポンサードリンク

 食事
 動脈硬化は脂肪と密接な関係があります。脂肪の摂取量には特に注意が必要です。40歳を超えたら定期的に血液中のコレステロールや中性脂肪などの量を測定し、脂肪量をコントロールします。

 卵黄、レバー、貝、エビ、カニなどはコレステロールの含有量が多いので取りすぎないようにします。肉は獣肉より、鶏肉、魚肉のほうが無難です。動物性脂肪は、植物性脂肪に切り替えるほうがコレステロールを下げるのに役立ちます。ふつうの場合、脂肪は総カロリーの30%以下に制限するように努めます。

 また、太り過ぎは、動脈硬化に悪い影響を与えます。炭水化物(コメ、麺類、パンなど)や砂糖の量も制限します。血圧の高い人は、食塩のとり方にも気をつけます。

 酒は一定量をたしなむ程度なら、それほど害はありません。たばこは、狭心症、心筋梗塞の遠因になるので、出来ればやめたいものです。

 日常生活
 過労や過度の精神緊張は、血管をそこねる原因になります。動脈硬化症の進行を促すことになり、さらに狭心症、心筋梗塞、脳卒中などの直接原因ともなります。

 運動
 適度な運動は血清コレステロール値を下げるといわれ、むしろ望ましいものです。しかし過度になると悪い結果を呼ぶので、年齢やからだの状態に合った運動をします。