膀胱炎

 三大兆候
 膀胱に起こる炎症です。排尿回数の増加(頻尿)、排尿に伴う疼痛、尿の混濁(ときに軽い血尿を伴う)の三つをほとんど同時に示します。これを膀胱炎の三大兆候と云って診断上大切な症状です。

 膀胱炎は、急性型と慢性型に大別されます。急性型は、症状が急激で著明に起こり、経過は短いものです。慢性型は、症状は比較的軽いが経過もゆっくりしている型のものです。

 原因
 膀胱炎を起こす原因には、細菌の感染による細菌性のものと、原因を細菌感染に求めにくい非細菌性のものとがあります。

 細菌感染によるものと云っても、膀胱が一次的に細菌感染を起こすことはまれです。多くは、膀胱より上の上部尿路(尿管、腎盂など)の感染症から下行性の感染を起こすか、膀胱の下の尿道の感染症から上行性の感染を起こすか、あるいはまた、骨盤内の隣接臓器(小腸、結腸、直腸)の感染症から連続的に感染を起こすのかのいずれかによります。このようにして細菌が膀胱に達し、後環境に恵まれると増殖を起こし、やがて膀胱炎の症状を示すことになります。

 女性に多い病気
 直接“これだ”と思い当たるような原因は不明のことが多く、風邪のあととか冷えたりした時になりやすく、新婚女性の膀胱炎をハネムーン膀胱炎と呼んだりします。

 一般的に急性の細菌性膀胱炎は、思春期以後の成人女性に多く見られます。しかも腸内細菌に由来する大腸菌群によるものが少なくありません。これは、女子の尿道口と肛門が近接した位置にあり、尿道が男子に比べ著しく短いために起こる上行感染と考えられます。

スポンサードリンク

 この病気の考え方
 正常の膀胱には自然の防御力があり、細菌が侵入したとしても、直ちに膀胱炎を起こすとは限りません。炎症が起こったとしても自然治癒させる能力を持っています。膀胱炎の際しきりに排尿したくなるのは、尿の膀胱内貯留時間を短縮して膀胱内の細菌の増殖を防ごうとする自然の働きといえましょう。

 この際、なんらかの排尿障害があって排尿が円滑に行なわれないで、膀胱にいつも残尿があると、膀胱炎の発生が助長されるばかりでなく、根治が困難となるのです。


 急性膀胱炎
 症状
 膀胱炎のうち、最もふつうにみられるのが急性膀胱炎です。急性膀胱炎では、次のような三つの特徴的症状が同時にあるいは、相前後してあらわれます。

 頻尿
 正常の成人では、昼間はまず3時間は排尿を我慢することができ、夜間就寝後は、ほとんど排尿のため目覚めないのがふつうです。

 1日の排尿回数は数回であり、10回以上になることはありませんが、急性膀胱炎になると昼も夜も、ともに短時間で尿意をもようし、寝てからも何度か排尿のために目覚めます。

 排尿痛
 膀胱に正常の容量以下の尿がたまっても尿意と膀胱部の不快感を感じ、排尿の際に痛みを感じます。とくに排尿の終わりに著しい痛みを訴えます。

 尿の混濁
 尿は正常時に比べ著しく濁って見えます。時には血尿を伴うこともあります。このような症状があらわれたら、ただちに専門医を訪れるべきです。

 単純な膀胱炎で、38度以上の熱が出ることはまれで、これ以上の熱が出る場合は、腎盂腎炎、前立腺、副睾丸炎などの併存を疑ってみることが大事です。

 治療
 単純な型の急性膀胱炎は、まず安静にし、刺激性の食べ物を避け、多量の水分を取って尿量を増やすとともに、尿を希薄にするように努めます。また、下腹部に温あん法(ときに坐浴)を行なったり、重曹を多量に飲んで尿のアルカリ化をはかると症状が軽快することもあります。

 通常の膀胱炎では、治療開始から1週間前後、長くても2週間くらいで症状はとれ、軽快します。それでも良くならないときは、病原菌に対して適当な薬物が使われなかった場合で、検査の上菌に有効な薬物に変更します。

 膀胱炎がなおりにくいときには、徹底的な検査が必要で、それに基づいた根治的治療を行なわなければなりません。

スポンサードリンク

 慢性膀胱炎
 はじめから慢性の型で発生するものと急性型から移行するものとがあります。急性膀胱炎に比べて症状は軽いのですが、その半面、軽い症状が急性化して、はげしい症状を示す場合もあります。

 慢性膀胱炎の中で女性を悩ますものに尿道膀胱炎があります。20~50歳の女性に多くみられ、膀胱炎症状を頑固に繰り返します。1日の変動も激しく、朝全く正常でも、夕方突然悪化することがあります。頻尿や排尿痛を訴え、寒気や鳥肌が立ったりします。

 なかなか自覚症状が軽快しにくい場合もあり、患者は悩み、ノイローゼになることもあるようです。しかし、放置しておいても、がんになったり、症状が進行することはありません。病気の見通しはよいのですから、安心して、あせらずに病院で相談することです。

 大部分の膀胱炎は、いずれにしても自然に、あるいは適当な治療さえ行えば比較的簡単になおる病気です。

 しかし、結核、結石、前立腺肥大症、腎臓などの病気があったり、子宮の手術後に手術用の糸が膀胱に押し出されていたりすると経過が長引いたり、再発を繰り返すことがあります。

 このような場合には、病院で詳しく検査して原因を突き止め、その治療を行わなければ、全治しないことがしばしばありますので注意を要します。