トップページ

 健康管理とは

 人間だれもが健康であることを願っていますが、果たした健康とはどういう状態をいうのでしょう。

 世界保健機構(WHO)は健康を定義して、「完全な身体的・精神的および社会的に良好な状態であり、単に疾病または虚弱が存在していないということだけではない」としています。

 しかし、現実にはこのような状態を保つことはなかなか大変です。身体上は何の支障もなく元気に通学、通勤していても、その人が精神的に不安定な状態であれば、健康とはいえません。

 逆に、生まれつき虚弱な体質であっても、それを克服しようとする努力と精神力があって、体力にかなった活動ができることのほうが健康だといえましょう。

 健康診断の結果、全く異常がなしといわれる人は、ほぼ50%いるといわれますが、現在健康であると思っても、ちょっとした不注意で不健康になる可能性を持っています。

 健康管理とは、各自が与えられた生命を、健康でしかも有意義に送るために、どのようなことに留意すればよいかを考えて、それを実践していくことだと思います。

スポンサードリンク

 高齢者の病気の特徴

 病気がいくつか重なる
 高齢者に特有な病気は少なくないのですが、いっぽう青壮年者と比較して特別の違いのない病気も多く見られます。ただ高齢者では病気がたった一つというのは少ないことが大きな特徴といえます。

 すなわち異なった臓器または異なった系統の病気がいくつか重なって存在することであって、高齢者病院に入院した患者では、病名が5~6個もつけられることが多いものです。また、患者の訴えた症状が複数の病気のどれによるものかが分かりにくいことがあり、それだけに症状の分析が複雑で、診断や治療が困難であるといえましょう。

 潜在性の病気がある
 次に臨床症状を示すには至らない潜在性の病気があり、一つの病気の症状が強くなるにつれて、他の潜在性の病気も明らかになってくるという特徴があります。また潜在性のままいろいろな影響を与える可能性もあります。

 これらの例としては胃潰瘍があって、まったく自覚症状のなかった人が、脳出血を起こすと急に大量の胃出血を見ることが少なからずあります。

 症状が非定型的である
 3番目の特徴としては、高齢者では病気の症状がきわめて非定形的であることが多いということです。たとえば壮年者では激しい胸痛で始まる心筋梗塞が、高齢者ではほとんど無症状のことがあり、また症状があっても、ごく軽い前胸部痛、不快感、時には軽い悪心などで発病することがあります。

 したがってうっかりすると、心筋梗塞を考え付かないことがあり、診断も壮年者より困難なことが少なくないといえます。

 治癒が遅れる
 若年者に比較して病気の治癒が遅いことは、各臓器の予備力の低下などから当然のことですが、ただがんは若年者に比較してその発育ははるかに遅く、症状が出るのにひまがかかり、また転移が少ないのがふつうです。

 

スポンサードリンク


病気と症状 病気を知るダイエットを考える 食べるダイエット私たちのからだと健康子育て応援事典家庭用脱毛器:ケノンワキ脱毛:ケノンマキアレイベル:薬用クリアエステヴェール薬用クリアエステヴェール美容液ファンデ、マキアレイベルアルカディ元気な青汁青汁効果:元気な青汁青汁ざんまい;元気な青汁